「君の名は。」とかいうゼロ年代エロゲーの時系列まとめ-【第2章】α´世界線及び真の『BAD END』の発見

 さて、本章からはいよいよ「君の名は。」時系列ver.4の中身についての解説を行います。

 まず、上記の時系列表をご覧下さればお分かりの通り、本時系列では作中に以下の三つの世界線が存在すると解釈しています。

 α世界線 … 瀧が糸守に辿り着けない

 α´世界線…      瀧が糸守に辿り着くが、三葉の死の回避(改変)に失敗する

 β世界線 … 瀧が糸守に辿り着き、かつ三葉の死の回避に成功する

f:id:miya38oscar:20161127220102j:plain

※PDF版↓

http://twitdoc.com/view.asp?id=320611&sid=6VDV&ext=PDF&lcl=kansyoumazover4.pdf&usr=miya38oscar

 ここで、世界線が三本あるならば、なぜα・β・γ世界線としなかったのかと疑問に思う方もいるでしょう。その理由としては、本作品のメインテーマとはあくまで「三葉の命を救えるか否か」であり、それにより世界線も「三葉が救えない世界線=α」「三葉を救える世界線=β」の二本を軸に据えて捉えるべきだ、という考えがあったためです。

 私のTwittertogetterまとめを追って下さった方ならお分かりのように、過去の時系列ver.3までは、世界線はαとβの二つしか存在しませんでした。また、他の「君の名は。」考察オタクの皆さんが制作された時系列をググってみても、三本以上の世界線を採用している時系列というのは(今のところ)無いように思われます。そして実際に、私の時系列におけるα´世界線においても、仮にそれを無くしても(α世界線に組み込んだとしても)時系列が成り立たなくなるものではありません。

 つまり、本来ならばαとβという二本の世界線で成立する筈だったところに、前章で解説した「瀧が壊滅した糸守を目の当たりにしたタイミングで三葉の日記が消える」という現象の説明を付けるために、「瀧が糸守へ辿り着けるか否か」で世界線を分岐させる必要が発生しました。そして、瀧が糸守へ辿り着けたとしても、その後の行動で三葉の命を救えなかったのであれば、それはあくまで「三葉が救えない世界線=α」の派生であり、「β世界線」でなく「α´世界線=瀧が糸守に辿り着くが、三葉の死の回避に失敗する」とすべきという結論に至りました。これが私の時系列において「α・α´・β」という三本立てを採用した理由になります。

 

 さて、賢明な読者の皆様なら既にお気づきのことと思いますが、この「三本立て」解釈は瀧と三葉にとって非常なまでに残酷なものとなっています。これまで、私を含む多くの「君の名は。」視聴者が想像していた本作品の「BAD END」とは、「(タイムリープ後の2013年で)三葉の命を救うことに失敗する」というエンディングではなかったでしょうか。しかし、時系列を見て頂ければお分かりのように、瀧にとっては「三葉の命を救えるか否か」という選択肢に至るまでもなく、「糸守に辿り着けず、自分がどこの誰と入れ替わったのかも分からないまま、次第に全てを忘れてしまう」。三葉にとっては、「2013年の彗星災害で死亡したまま、忘れ去られる」という真の「BAD END」が控えていることが分かります(α世界線のままストーリーが終結した場合がこれにあたります)。仮に、瀧が司・奥寺先輩と共に飛騨へ向かっていなければ、ラーメン屋で糸守のスケッチを取り出していなければ、この真の「BAD END」へ向かって一直線だったでしょう。

 新海誠の何と鬼畜なことか。なにが「私はここにいるよ」だ。現実からも記憶からも、三葉はどこにもいなくなってしまうじゃないか。

 

 以上を踏まえると、瀧が高山ラーメンを食べながら何気なくα→α´への分岐を成功させていたことさえも、実は非常に危うい綱渡りをギリギリのところで成功させていたことが分かります。この「瀧が糸守に辿り着けない世界線」という概念を発見したことは、瀧や三葉にとっては残酷なものですが、我々「君の名は。」考察オタクにとっては、作品の深みを増してくれる面白い発見になったのではないかと考えています。

 

 さて、ここまでが「α´世界線及び真の『BAD END』の発見」についての解説となります。相変わらず時系列に沿ったストーリーの解説は出来ませんでしたが、それは新海誠の鬼畜によるものです。これならいっそのことブラックホールに飛び込んで時空を超越した五次元瀧君が過去の三葉にメッセージを与えて糸守の住民を疎開させるための宇宙ステーションを作らせて老婆になった三葉と再会する単一世界線のストーリーにでもしてくれた方がどんなに簡単な時系列になったかとも思ってしまいますが、それはいずれ作られるであろうクリストファー・ノーラン版「君の名は。」に委ねるとして、次章(たぶん今週中)からはちゃんとストーリーの解説を行いますので宜しくお願いいたします。

togetter.com